34の大きな壁

 文旦といえば土佐、土佐といえば龍馬ぜよ  双葉社のCG日本史シリーズ⑮は坂本龍馬 龍馬が見た風景をCGで体験させてくれるお宝本だった 今後、幕末に思いを馳せるとき空想に幅ができそう あまりに大衆的で活字にするのも恥ずかしいが、幼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐文旦

文旦の季節だ。 グレープフルーツ系(といってもちょっと違う)の上品な香りと比較的さっぱりとした酸味。 むきやすく、果汁が粘つかないのもうれしい。 皮の厚さが半端じゃない。 色も美しく香りがいいので捨てるのが惜しいくらい。 説明書には、皮を砂糖漬けやマーマレードなどに加工する方法が書いてあったけど、柚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

但馬出石

3月2日百鬼丸にて出石に出向く。  関が原の合戦の際、出石(6万石)の小出吉政は西軍として参戦、小野木重次(丹波福知山4万石)らとともに田辺城に立て篭もった細川幽斎を攻めた。    こうして古今伝授で有名な田辺城籠城の攻防が長期にわたり展開する。    関が原は東軍の勝利に終わったが吉政の弟秀家(和泉岸和田3万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅ほっぺ

紅ほっぺは 『章姫』と『さちのか』を交配させた品種。 もともと静岡のイチゴだけど、若い農家の方が中心になって舞鶴でも栽培されてます。 今日は摘みたての紅ほっぺを昨年暮れに知り合った青年(生産者)が届けてくれました。 でも何故に「紅ほっぺ」? 「ほっぺが落ちるくらいおいしい言う意味ちゃう?」{%女の子オレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴックン中川さん

 「ガンバレ~!日本一~!」の奥さんではないけれどあそこまで叩かれていると、ついつい守りたくなってしまう いままで積上げてきた実績を考えれば、辞任はやむをえないとしても一日も早く名誉を回復してもらいたい。  よく聞けば鼻にかかった「オバマ政権」の言い方もかわいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビリボー人

 舞鶴の八島(店名:Proud)にやってきました    ビリヤードとボウリングを足して2で割った競技その名は『ビリボー』   ルールはボウリングと同じで、ボールをビリヤードのキューで撞いて ボーリングのピンを倒して点数を競います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一句

   中学校の授業参観。父兄として子供たちを観ていた。 どうやら国語の授業だったらしく、先生は生徒たちに俳句を作らせていた。 だが通常の俳句と違って句の中に必ず自分の名前を入れろという指示がでた。  何人かの子供たちは俳句の発表をした。 しかし自分の子供は、なかなか発表しない。 もどかしくなった僕はなぜか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流行語

 ちょっと昔(昭和50年代)の小説を読んでいたら、「ナウい」という表現が頻繁に使用されていた。 今では死語になっている言葉を、小説の設定では時代の最先端を行く女が使っているものだから笑えた。 死語といえば「そんなの関係ねぇ」なんかも、もうきつい。 流行る前から言ってたフレーズなのに悔しいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護袋

当然といえば当然なのですが 愛車百鬼丸のお守りは百鬼丸 タイガーアイ(パワーストーン)が入っているみたい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せな6桁の数字

博士の愛した数式で、博士と深津絵里演じる家政婦の出会うシーン 「君の靴のサイズはいくつかね」 「24です」 「ほぉ、実に潔い数字だ。4の階乗だ。」 その他、友愛数や完全数そしてオイラーの公式の下り・・・ 博士の愛した数式では随分と数字の美しさを教わった。  そこで、ぼくからもこのブログを読んでくださっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

天地人

 昨日放送の天地人では、ようやく兼続が蟄居生活から解放される運びとなった。 上杉越後軍団にとって「人の痛みがわかる人間」が必要という台詞があった。 兼続は「人の痛みがわかる人間」として扱われている。その上で、知略に長け た家臣へと成長していくのだろう。 今後の展開が楽しみだ。  ところで、時代劇では男と女の色恋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芋豚

トンカツ かつ源の芋豚 百貨店ばりの挨拶のうまさに目が点 メガトン級の芋豚のうまさにメガテン (写真:かつ源のカツサンド)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

智恵の餅

橋立名物 智恵の餅も ええやないか 総本家 元祖 勘七茶屋の智恵の餅 イメージソング:橋立名物智恵の餅もええやないか (はっし~だて めいぶ~~つ ちーえのもちも ええやんか:調子のイメージ) 元伊勢とゆかりのある土地柄ゆえに伊勢の赤福とも無関係では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮と中村軒

 細川幽斎が古今伝授をしたのは桂離宮の創始者八条宮智仁(としひと) 親王。  桂離宮の造営は古今伝授の後なので、池には船を浮かべ、酒宴をひらき、管弦を奏でながら、優雅に和歌を詠む。そういったことを愛でるうちにいつの間にか四季(とき)が移ろう・・といった具合に桃山時代から江戸時代の造営時期にあって、まるで源氏物語さながらの趣を呈した雅な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新埠頭の名称募集

最初に新埠頭(京都舞鶴西港)の名称募集の情報を知ったのは市の発行している広報だ。 その広報の記事を凝視しているところに 「あんた、またいらんこと考えとんちゃうやろなぁ!?」 と嫁さんに痛くもない腹を探られた。 いやこの場合少しは痛いか。 そう、百鬼丸然り。 命名はぼくのちょっとしたマイブームなのである。 そういえば、最終的…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

百鬼丸参上!

 愛車BLADE(ブラックマイカ)購入のため本契約した2007.1.27は 奇しくも手塚治虫原作『どろろ』が実写映画化され封切られた日である。  契約後に洋々として地元の映画館で『どろろ』を鑑賞した。 BLADEの和名は刃。 映画を鑑賞するうちに妻夫木聡が扮する青年(百鬼丸)の左腕に仕込まれた妖刀「百鬼丸」と 愛車になるB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more