百鬼丸がゆく

アクセスカウンタ

zoom RSS 国破れても山家あり

<<   作成日時 : 2009/03/18 20:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

                        (写真:山家城跡と百鬼丸)


山家(綾部)初代藩主谷衛友(1万6000石)は、関ヶ原の戦いでは福知山城主小野木重勝率いる西軍について、田辺城の攻囲戦に加わる。

しかし細川幽斎は衛友の師。もとより幽斎には銃口をむけられるはずもなく、形ばかりの参戦だったとか。
これが世に言う「谷の空鉄砲」。

関が原で西軍が敗れたが、幽斎の弟子ということもあって、領地を安堵されたのだそうだ。

しかし、弟子だったというだけのことで許されるものだろうか?

聞けば谷衛友は試刀術(物や亡くなった人を切って刀の利鈍を確かめる技術)という術の達人だったとのこと。

衛友もまた、師の幽斎に似て秀でた才能の持ち主だったに違いない。まさに芸は身を助く。

ともかく、杜甫の「国破れて山河在り」ではないけれど、国破れても山家は存続し、藩は明治の維新まで続いたとのことです。

※ 山家は「やまが」と読みます。念のため・・・

 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国破れても山家あり 百鬼丸がゆく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる